ミトコンドリアって科学初心者でも知ってる言葉ですよね。

有名なのだと、ちょい昔に『パラサイトイヴ』って小説、映画がありましたし。

そのミトコンドリアから自分の祖先がどこから来たのか分かるのです。


毎度おなじみMYCODEによると人間はハプログループと呼ばれる遺伝的なグループに分ける事が出来るそうです。


以下MYCODEによる説明

ハプログループ(ミトコンドリアハプログループ)とは、人間の細胞内のミトコンドリアと呼ばれる小器官のDNAの多型を用いて遺伝的に分類されるグループの事です。

このミトコンドリアは祖母から母親、母親から自分と母系を伝わって代々受け継がれるため、ミトコンドリアのDNAを調べる事により、母系の系譜を辿ることができると考えられています。


ミトコンドリアってのは、とーちゃんではなく、かーちゃん。かーちゃんのそのまたかーちゃんのそのまた……と、女性から女性へと旅を続けているのです。



で、そのミトコンドリアによりますと僕は
09

中国北部やシベリアからやってきているそうです。


このグループは日本人全体の7だそうで、その他にも

57

というふうにグループ分けがされています。(海の覇者なんて、すげーカッコイイ)

こういうのを見ていると厨二的な妄想が膨らみます


……あれ?全部パーセンテージを足すと……99%??


残りの1%は……一体??


この謎はまた別の機会に追いかけてみます。


さて僕のルーツの話に戻りますが、13万年前には中国北部で狩猟採集。

510万年前にはインド西部に。

で、さらに前は人類皆兄弟でおなじみの地、アフリカにいましたとさ。


ちなみに23andMeでも
28
 


と、ハプログループはG

細かくはG1a1aというグループになっております。

これで言うと僕のルーツはカザフスタンあたりですかね。


昨日の記事で少し触れた、遺伝子検査による差別の危険性ってのはこの事を調べる事によって起きるのかもしれません。


今は差別の対象じゃなくても遡ってみれば……とかね。


僕の祖先にも、ある人達からしたら差別的な対象で見られる遺伝子が含まれています。


見苦しいことこの上ない考えですが。


とはいえ、価値観宗教観やらでその考えは変わってくるもんです。


だからアメリカの遺伝子検査結果による差別の禁止という法律は、現状の世界での最善の手な気がしますよ。


ミトコンドリアかーちゃんの言う事には、皆アフリカで兄弟だったんだから


かーちゃんの言う事は正しいもんです!!


生命科学 ブログランキングへ